FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋 オセロ 囲碁の総手数とプログラムの概算

割と色んなボードゲームをやったけど将棋は見慣れてるからかシンプルで駒が少なく感じる(人生ゲームみたいなカードと駒を使うものよりね それでも戦略はもっと多様であるのが魅力だ
実際は王飛角金銀桂香歩の8種類とその裏面(金王は無い)である

これは少ないと思う オセロや碁と比べるととても多くて複雑そうに見えるけど,実際はオセロも碁もなかなか複雑だと思う

オセロは多くても15^60手≒4*10^70(種の置き方 手
将棋は多くても25^200手≒4*10^279 手
囲碁は多くても(19^2)!手≒10^768 手

これを見てもらえればプロレベルに達する順通りということに気付く(碁はまだ達していない
今のプログラムが1秒間に1000億手(1000,0000,0000=10^11)読めるからといって、

オセロならlog15(10^11)=11log15(10)=11/log10(15)≒9手(注2秒後に18手先まで読めるわけではない 指数関数で増える10手先までなら例えば15秒要る
将棋ならlog25(10^11)=11log25(10)=11/log25≒8手(9手目は25秒要る 実際はもっと工夫して20秒で良いのだけ20手読める
囲碁ならlog180(10^11)=11/log180≒5手 (180手目位なら

将棋の場合同じ時間で2手更に読めるとレートが400くらい(滅茶苦茶)違うというからこの1手或いはコンマ何手は非常に重要なのである

関連記事

コメント

非公開コメント

名前

John Stuart Smith

Author:John Stuart Smith

更新率

今まで見てくれた人数

今見ている人数

現在の閲覧者数:

検索Form

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
17388位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4613位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。